Suzu Masa ブログ

辛酸なめた男が美容室「経営」をリアル・ガチで語る

しつこく「人時生産性」と美容経営の新常識

最適な評価メジャー 美容室の生産性を測る最適な評価メジャーは「人時生産性」です。 売上から材料費(変動費)を差し引いた粗利益に対して、スタッフは1時間当たりどれだけ稼いだのか、それを表す指標が人時生産性なのです。 人時生産性を求める計算式は次…

経営の悩みから解放されよう!

経営者の3大お悩み事 会社のお金の流れを知って、モヤモヤとした経営の悩みから解放されましょう。 だいたい経営者のお悩みは大きく分けて次の3つです。 人がいない お客がいない お金がない まさに「ないないづくし」に経営者は置かれています。 しかし、お…

なんのために生まれてきたのか?

死ぬときに後悔すること いきなり青臭い質問をします。 「あなたはなんのために生まれてきたのですか?」 自分探しではないですけど、いくつになってもこの質問はインパクトがあります。 たとえば『死ぬときに後悔すること25』なんていうタイトルの本があっ…

コロナ禍の「経営の新常識」[番外編]

拉致されました! このテーマで前編・後編をお伝えしました。これで終了するつもりだったのですが、急きょ[番外編]として、じつは動画でお伝えしようと思います。 というのも、こういう事件があったことがきっかけでした。 ある日、私はクルマで拉致(らち)…

コロナ禍の「経営の新常識」[後編]

目の付けどころが改善点 前回の続きで、今回は実際に数字を当てはめていってみますね。理解がグッと早くなります。 少々長めの文章ですが、ぜひお付き合いください。 その前に、繰り返しますが、大事な5つの項目です。 売上 粗利益 固定費のなかでも人件費(…

コロナ禍の「経営の新常識」[前編]

売上よりも利益が大事 コロナ禍の今、大事なのは売上よりも「利益」であるということを再認識できたことが、コロナ以前との大きな違いでしょう。 売上至上主義というのは、高度経済成長期やバブル経済期に出来上がった神話と言っていいでしょう。 利益が出な…

個人事業主、フリーランス理美容師に朗報/国保の減免措置

使えるものは使う 新型コロナウイルスに対する政府の対策には批判も多いですが、この悪化した状況を乗り切るには、自分が使える制度を探して、使えるものは使うことが大切です。 政府が打ち出した緊急経済対策は、返済不要な持続化給付金、持続化補助金、家…

再び、経営と哲学

二項対立の状態 再び「哲学」を取り上げます。 しつこい? 経営に関係ない? 理屈っぽくていやだ? 難解だ? いやいや、確かに取っつきにくいところはありますが、結論から申し上げれば、哲学は自らを助けてくれるんですよ。自分を、組織を、事業を、守る。…

経営者は「哲学」に親しもう!

実学に役立つ「哲学」 私が発想をしたり物事を考えるうえで、常に重要な背景にあるのが、哲学です。 といっても、人生哲学といったり、経営哲学といった、便利で安直に使用されるものではなく、純粋に学問としての哲学です。 もちろん学問とはいいながら、実…

2019年の理美容室の売り上げは129億円の大幅減少

矢野経済研究所の理美容の市場規模 どこかの業界誌で取り上げたのかな? 私はまったく業界誌は見ないのでわかりません。とにかくここで取り上げるのはタイミングがずれていると思いますが、理美容業界の現在地を知るということで、矢野経済研究所の「理美容…

「中抜き」の闇に巣食う魑魅魍魎

大手弁護士法人の闇 大手弁護士法人(東京ミネルヴァ)が破産しました。弁護士法人でも破産するのかと正直驚いたのですが、もっと驚いたのがその負債額です。 51億円。 弁護士法人では過去最大の倒産です。過払い金利の返還で、依頼者に支払われるべき過払い…

【緊急解説】 経産省レポートを美容界目線で読み解く

緊急対応/新たな日常への移行/適応 持続化給付金の不透明な外部委託の問題で安倍政権のアキレス腱にもなりかねない、そんな揺れに揺れている経産省ですが、そんな折も折、大変興味深いレポートが提出されました。 経産省は6月17日、「新型コロナウイルスの影…

withコロナの美容室経営 ② ビジョンを策定する

ビジョンとは? 従業員のモチベーションを鼓舞し、一体感を醸成し、その後の戦略策定にぶれることなく確実な方向性を示すもの、それが「ビジョン」です。 こういうコロナ禍においても好業績を挙げ続ける企業は、いずれもこのビジョンがしっかりと策定されて…

withコロナの経営戦略①ペルソナ・マーケティング[その2]

これがペルソナのシナリオだ 前回の続きです。 ペルソナとはどんなものか、巷間言われているペルソナがなぜダメなのか、結論をいう前にまずはペルソナの見本シナリオを掲げましょう。 これが「ペルソナ」です。(※拡大してご覧ください。PCのほうがキレイに…

withコロナの美容室経営 ①ペルソナ・マーケティング[その1]

アフターコロナでサロン経営は激変します。 現在はwithコロナ。すでにパラダイムシフトは始まっています。 どう激変するか? 結論から言えば、次のとおりです。 withコロナで激変したこと。(ということは、そのままアフターコロナにおけるスタンダードにな…

この逆境から受け取るギフトってなんだろうか?!

withコロナの現在、経営者は多くの、そしてビジネスの根本を学んだ、あるいは学びつつあるのではないでしょうか。 まだまだ予断は許されません。政府の政策対応にイライラし、時には悲嘆にくれたとしても、緊急融資などで急場をしのいだ人も多くいると思いま…

分断と自己責任

憲法違反がまかり通る 休業要請に従わないパチンコ店がやり玉に挙がっていますね。 各県の首長が店名を公表してさらし者にする。それを自粛ポリスなる輩が出現して抗議をする。 これって、いくら首長の権限でやっていいとはいっても、はっきり言って憲法違反…

Suzu Masa 厳選! 生涯のおススメ本5冊

本を読まなくなった日本人 いま、SNSでやっている本の紹介バトン。私にはバトンが渡ってきそうもありません。なぜかと問われれば明確には答えられないのですが、確信に近いものがあります(笑) そこで、独りバトン回しで私のおススメ本を紹介してみようと思い…

ポストコロナを見据えたサロンの戦略

ポストコロナ(コロナ後)を見据えた経営・ビジネスとは? オンラインでセミナーを受講しました。非常に啓発されることが多かったので、それに関連したことを書きます。 セミナーの結論を先に言ってしまえば、デジタル社会が今後は一気に加速するということ…

大規模店5つの緊急生き残り策

遅い、ショボい、ポーズだけの経済政策 これで日本政府の方針がはっきりしましたね。 一言で言えば、潰れるものはつぶれてしまえ、そんなところに財源を充てる余裕はないと。なぜなら緊縮財政だから。プライマリーバランス(基礎的財政収支)が大事だからと…

緊急事態の延長はあなたのビジネスの「死」を招く

緊急事態宣言の延長は約1カ月延長され、5月31日までとなりました。 これ以上の延長は、経済活動の死を招き、同時に自殺者の数を増加させます。 もちろん、休業補償がなされればそんなことにはなりませんが、政府の「これ以上はカネ出さねぇ~」といった緊縮…

いよいよ生きるか死ぬかの分岐点

まさにハムレット状態 「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」 有名なハムレットのセリフです。追い詰められた極限状態でこのセリフがハムレットの口から出てきます。 いよいよ追い詰められて、生きるか死ぬか、その分岐点にさしかかったようです。 緊急…

コロナ後のビジネスシーンを俯瞰してみる

コロナ禍という意味を考える コロナ禍の渦中にあって、コロナ後を考えるなんて、とてもそんな余裕はない。今は生きるか死ぬかの瀬戸際なんだ。そんな悲鳴が聞こえてきそうです。 もちろん、承知しています。事業をたたんでしまうという選択をした人(はたし…

継続するのも撤退するのも、そろそろ決断の時  

日々刻々と政府の方針は変節し、新型コロナの感染者数は増加するばかりです。非常事態宣言の発令を待ってましたとばかりに感染者数が急増。これは非常事態宣言と大幅な自粛要請がまったく感染拡大に効果のないことを証明しているんじゃないでしょうか。私は…

なぜやらない?とても重要なことなのに

最後の文章は怒りを発しています。嫌な人はスルーしてください。 自粛対象施設が東京都と国とで食い違っていて、当初「理髪店(なんだろう、この昭和レトロな言い方は!)」は東京都では対象だったものが、国は対象外だという。 まったくふざけた話で、事前…

困難な事態に打ち克てるのは「文化」

タクシー会社の解雇に思う 本題に入る前に、気になるニュースが流れてきましたが、そのことについて少しふれてみたいと思います。 それは、タクシー会社が全乗務員の600人を解雇したとのニュースで読者の方もご存知だと思います。もちろんコロナ禍の影響で、…

マインドセットを転換するとき

この1、2年をどうやって凌ぐのか 緊急時の対策は、このブログやFBなどのSNSに連続投稿しましたので、今回は経営者の「マインドセットを変えること」についてです。 マインドセットとは、経験、教育、先入観などから形成される思考様式、心理状態のことで、 暗…

人生と事業のやり直し、最後の手段

頼りにならない国の経済政策 緊急とは名ばかりの時間ばかりがかかる融資。融資実行まで1カ月以上もかかるということです。それにしても借金であることに変わりはありません。コロナ禍がいつ終息するかわからず、安倍首相も記者会見で「戦いは長期戦になる」…

パラダイムシフトを生き残れ

パラダイムシフトです。 そう、自らパラダイムシフトを起こさなければ生き残ってはいけない。そんな内容です。 理由が知りたければ、前回の投稿「コロナ禍によってあなたのビジネスは大激変する!?」をお読みください。 すでにお読みになったという前提で話を…

コロナ禍によってあなたのビジネスは大激変する!?

今回のコロナ禍で、ILO(国際労働機関)は、世界で失業者が2500万人出ると警告しました。先のリーマンショック時では2200万人の失業者が出て、それよりも多いということですから、とんでもない事態だということです。 そして、リーマンショックではサービス…

プライバシーポリシー

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧することが可能です。

利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有することはありませんのでご安心ください

当サイトに掲載している広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。

このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定は、お使いのブラウザによって違います。

お使いのブラウザをご確認の上、設定してください。

アクセス解析について

当ブログはGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

Googleアナリティクスは、トラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。

このデータは匿名で収集されています。

個人を特定するものではありません。

Cookieを無効にすることで収集を拒否することができます。

お使いのブラウザの設定をご確認ください。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照したことによって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービスなどについて一切の責任を負いません。

当サイト以外のウェブサイトの内容および、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2020 年3 月19 日